モバイルwifiといったらあなたにとって何?

スマートフォンは、便利な道具ですが、長年ある問題を抱えています。それは電池もちが悪い、ということです。
携帯電話も画面が大きくなるにつれ、電池もちの問題がありましたが、前面が表示装置のスマートフォンは、電池もちはさらに悪くなりました。

 

 

最近は、省電力型の表示装置に変えたり、大容量の電池をつけるようにして以前よりはましになりましたが、スマートフォンの頭脳であるCPUの高性能化に伴う消費電力の増加などがあり、よくなった、とまではいかない状況です。

 

 

ですので、例えば、仕事で長期間外に出たり、旅行に出たりして、充電できる環境がない場合に、充電できる装置を用意しておく必要があります。
それが、モバイルバッテリーです。

 

 

モバイルバッテリーは、充電池にUSBなどの端子がついたもので、USBにケーブルを挿し、充電を開始すれば、充電池内の電力がスマートフォンに充電されます。

 

 

単純な構造ですが、これがあれば出先での充電切れの心配はなくなり、すごく助かります。私は、携帯電話時代からこのモバイルバッテリーを使用していますが、おかげで充電切れを心配せず携帯電話やスマートフォンを使うことができました。

 

 

お値段もそれほど高くないので(あまりに安いと品質的に問題ある場合が多い)、よく外に行かれる方は用意しておいて損はないと思います。

続きを読む≫ 2014/11/02 20:34:02

光の固定回線とLTEでは理論値の違いはあれど、やはり光回線の方が早いのは当たり前?しかし、どの程度の違いがあるのか。
たびたび情報を見させてもらっている価格.comの口コミによると、固定回線でも満足度がまちまちのようです。(フレッツ光)

 

 

回線というよりはプロバイダーに左右されているような感じにも見受けられますが、理論値200Mbpsの光回線で4Mbpsくらいしか出ていないという信じがたいような報告もありますΣΣ(゚д゚;)

 

 

特に目立って遅くなるのは夜の時間帯で、やはり利用ユーザーが多くなると影響が顕著に現れるようですね。ただ、光回線って決して安くはない訳で、うまく割引キャンペーンにはまったとしても月々の通信料金が5,000円強かかってきます。これだけの費用を払って満足する環境が得られないのも辛いっす><

 

 

LTEに関しては、私の印象としては繋がりづらいということは少ないかな、とは感じます。スピードについても20Mbps程度は普段から出ているので7GB制限に引っかかるまでは特に支障は感じません。
ちなみに同じ様に価格.comの口コミが以下です。

 

 

つながりやすさやスピードに関して批判的なコメントはあまりない様子。ただ、スピードが早いため7GB制限にひっかかってしまう方も多いようで、この点をもうちょっと余裕をもった数値に設定してもらえると評価も使い心地も高まるんでしょうね^^;

続きを読む≫ 2014/10/27 19:08:27

数年前に現れ、メーカーがこぞってノートパソコンにUQ WiMAXを搭載し、パソコンを購入するたびに加入勧誘を呼びかけられたのもいい思い出です。

 

 

さて、UQ WiMAXが出てきた当初は対応エリアがかなり限定されていた状態で、かつあまり電波のキャッチが良くないとのことで私も加入を見送った経緯がありますが、今はどうなっているのか。
対応エリアを見てみると以下のような状態。

 

 

サービスエリア

 

対応エリアを見てみると「WiMAX2+/WiMAX」の対応エリアは主要な都市部に限定されている印象ですがそれでも「WiMAX」エリアも含めればカバー率は相当なものでしょうか。ただ、エリアはこれだけ広くカバーされているものの、実際に繋がるかどうかは別問題。繋がり具合を調べてみたところ、価格.comのサイトにコメントが多数。

 

出典:wimax比較サイト|安いお得なキャンペーン情報・最新版

 

 

直近の投稿もあり信頼性も高いので期待ですが、エリア内でも繋がりづらいというコメントも散見されますが、それ以上にスピードがおもったよりも出ていない印象です。理論値では「WiMAX2+」で最大110Mbpsの早さであるものの、10Mbps前後のスピードとのコメントが多数のようで、これだと私の持っている旧LTEの理論値74Mbpsの実測よりも遅くなってしまいます。。。

 

 

計測する場所によって結構なバラツキがでてしまいますが、実際に使ってみないと自分がよく使うエリアの状況などは分からなそうです。

続きを読む≫ 2014/10/27 19:07:27